逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎ってどんな病気?

「逆流性食道炎」は、胃酸の逆流によって引き起こされる病気です。

イメージ

食道は口から入れた食物を、胃に送るための管で、通常一方通行です。
食道と胃の間は下部食道括約筋によって、通常は閉じられていますが、食物を飲み込んだ際に開いて、食物を胃に送り込みます。
胃では、酸性度の強い塩酸(胃酸とも呼ばれています)と消化酵素が含まれる胃液が分泌されています。
胃液は食物の中に含まれるタンパク質を分解し、おかゆ程度の固さにすることで、小腸で吸収しやすい状態にします。

イメージ

胃には酸から粘膜を守る防御機能が働いています。
しかし食道にはこの防御機能がないため、何らかの原因で胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強い酸である胃酸にさらされて炎症を起こします。
また、胃酸によって活性化されたタンパク質分解酵素が食道を傷つけます。
胃から食道への逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、胸やけや呑酸などの不快な症状が起こります。
これが「逆流性食道炎」です。

逆流性食道炎になる原因は?

様々な原因で胃酸が逆流することで、逆流性食道炎が起こります。

酸性度の強い塩酸(胃酸とも呼ばれています)を含む、胃の内容物が食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症が起きた状態を、「逆流性食道炎」といいます。
食道には、胃酸に対する防御機能がないため、酸に繰り返しさらされることで炎症を起こし、粘膜のただれや潰瘍が生じたり、胸やけや呑酸などの不快な症状の原因となります。


イメージ

逆流性食道炎になるとどんな影響があるの?

「逆流性食道炎」は、日常生活にこんな影響をもたらします。

胃酸の逆流によって引き起こされる「胸やけ」や「呑酸」によって、逆流性食道炎の患者さんは日常生活に支障をきたすことがあります。


イメージ